ミライモンスター 柔道 谷口由夏

スポンサーリンク

ミライモンスターという番組を好きでよく見ています。

未来のアスリートを取材する番組なのですが,勉強になりますし,ここまで頑張っている子達が世の中にいるというのは,生徒達にも励みになるわけです。まあ生徒は見てるかどうかわからないので,僕はそういう人たちがいるっていうのを伝えるのですが。

柔道女子の「谷口由夏」ちゃんの特集だったのですが,大阪から岡山の大学に出稽古に行くのですが,お父さんも一緒に行くんですね。

で,お父さんが何してるかっていうと,一生懸命メモしたり,練習風景を動画撮ったりしてるんです。

なんでそんなことをしているのかというと,大阪でも同じ質の練習ができるように,練習方法などを「パクってる」というんです。

お父さんは「TTP(徹底的にパクる)」とDAI語を使ってましたが(笑)

でもね,このパクるって重要だと思ってるんですよ。

ダンスの世界では,パクるっていのがタブーみたいな雰囲気があります。もちろん,何かの振付をパクって,そのままコンテストに出て優勝とかダメなんですけど,練習の段階でパクるのはありだと思うんですよ。

どうもね,パクるのがダメっていうのが先行していて,最近の子ってほんとに人の真似をしないです。言われたことを言われたままやる,というレベルの子が多すぎます。

誰かの真似をするという人って,その時点で「受け身じゃない」んですよね。自分の意思が少なからず働いています。

対して,最近の子って,そういう意思がないです。言われたらやるけど,みたいな感じ(言われたことも完璧にできるわけじゃないし)。その時点で,人を出し抜けるくらい上手くなる可能性がないですね。

僕なんて,すぐにパクりますよ(笑)ダンスもまずパクって,身体に馴染ませて,自分のものにまで昇華させるし,ビジネスなんかも良いと思ったことはやってみますし。

パクるというのはパクるだけにとどまらず,自分の血肉となり,自分の個性とまざっていきますからね,そこまで行くとパクリじゃなくなると思うんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする