ビジネスハック

おすすめのタスク管理

自営業をやってる方って,自分が社長だし,自分が社員でもあるんですよね。

決定権があり,そして,実行もしなければならないということです。

となれば,「1日にやることを自分で管理」しなければなりません。

 

今回は,僕のおすすめのタスク管理方法をお届けしたいと思います。

デジタルか,アナログか

まずは前提としてアプリやエクセルのようなもので「デジタル」で管理するのか,それとも手帳とかで「アナログ」に管理するのか,ということですが,いろいろやってみて,結局「両刀使い」がベストだと感じました。

どちらかに固執するのはなんか微妙でした。デジタルの良いところ,アナログの良いところをきちんと意識して使うようにすれば,かなりタスク消化効率が上がったと思います。

Habitica

デジタルのタスク管理は「Habitica」を使っています。

https://habitica.com/

 

「タスクをゲーム化しよう」というコンセプトで,自分の人生でRPGが楽しめます。

例えば,タスクを1つ消化したら,経験値とゴールドが手に入ります。

で,レベルアップしていったり,装備を整えたり,まるでRPGのようなことができるのです。

 

今回はタスク管理のことだけ書きますが,とりあえず「To-Do」の項目にタスクをひたすら入力していきます。これでだいたい自分が抱えているタスクの量の全体を把握します。

 

Habiticaはブラウザ版もアプリも両方あるので,両方使うことをおすすめします。アプリ版だけだとできないこともありますし,ブラウザ版だけだとパソコンがないと使えませんので(もちろんきちんと連動してますよ)。

エクセル1

Habiticaでタスクの全体量を把握すると,今度は「1日のタスク管理」となります。

これはもう「手書き」です。しかも手帳とかでもなく「A4用紙」1枚です。

ただ適当に書くのではなく,きちんとした書き方(フォーマット)があります。それが「エクセル1」という書き方です。

 

エクセル1についてはこの本に書いてあります。

トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術
トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

 

本の内容になるので,詳細を書くのは避けますが,これは簡単ですが,かなり強力です。これを導入してからは,1日にやることが明確になり,集中力が増し,タスク消化率が圧倒的に増えました。

しかもA4用紙なので,スタッフとかにも簡単に教えることができるし,特別なスキルも必要ありません。いるのは紙とペン。誰でもできます。

 

手書きって良いですよ。デジタル全盛の時代ですけど,この手書きでタスク管理する手法をやってみて,手書きの良さを痛感しました。

これは正直やってみないとわからないのではないかと思います。ぜひやってみてください。

まとめ

タスク管理の目的は,「きちんとタスクを消化する」ことです。

なので,タスクを消化できれば,方法はなんでも良いわけです。

「スマホだけで管理したい」「手書きが好きだから絶対手帳」みたいな,方法にこだわりすぎていると,本来の目的を見失います。

個人的にはデジタルとアナログの良さを活かして,タスク管理をしています。

 

[タスク管理] ブログ村キーワード