iWALKの小型モバイルバッテリー

スポンサーリンク

前回の記事で「Anker PowerCore Fusion 5000」のレビューをしました。

Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー

実はAnker PowerCore Fusion 5000と一緒にこちらのモバイルバッテリーも買ってました。

iWALKの小型モバイルバッテリーです。こちらも同じくミニマリストの方がおすすめしていました。

どれくらい小型かというと「口紅くらいのサイズ」とAmazonではレビューしてあります。

比較対象物がないので,わかりにくいと思いますが,実際にiPhone6sに接続している画像がこちら

横幅はほぼiPhoneと同じサイズですね。

ペンケースと比較しても全然小さいので,ペンケースに入れて持ち運びもできます。

学生さんにもおすすめですね〜

iWALK 小型モバイルバッテリーの使い方

では実際に使い方をみていきましょう。

iPhoneに接続した画像は先ほどの通り。

まずケーブルが不要です。Lightning端子がそのままついてます。

Lightningの端子のものであれば充電できます(AirPodsとか)。

モバイルバッテリー本体へのチャージもLightning接続です。

これは普通ですね。

で,押しポイントはモバイルバッテリーにチャージしながらiPhoneにも同時充電できるのです。

寝る前にこうやって差しておけば,朝起きた時にはiPhoneとモバイルバッテリー,両方がフル充電されているはずです。

容量は3300mAhということで,だいたいiPhoneを1回はフル充電できるくらいの容量。いや,十分でしょ。

実際,僕はウエストポーチ的なバッグに忍ばせていますけど,入れてることに気付かないくらい軽いのが良いです(以前使ってたやつはなんだかんだ重かった)。

重いモバイルバッテリーって結局,あんまり持ち運びしないんですよね。で,あんまり使わなくなる。外出先でiPhoneの充電が切れる場合も多々あります。

「持ってることを意識しない」くらいのサイズと軽さなので,常に携帯できますね。

充電スピードも1時間くらいで40%くらいは充電できました。けっこう早いと思います。

iWALK 小型モバイルバッテリーのデメリット

あえてデメリットをあげるとすれば,小型なので紛失しやすいかもしれません。

また充電しながら操作もできますが,繋がっているのは端子部だけなので,ちょっと乱暴に扱うと折れてしまいそうです。僕はちょっと慎重に扱っています。

iWALK 小型モバイルバッテリー まとめ

iWALKの小型モバイルバッテリーを使って,想像以上に便利で快適でした。

全く気にならない存在感でポケットに入れておいてもあまり気になりません。常に携帯しておけます。

iPhoneを2台持ち歩いているようなもので,安心感があります。もうバッテリー切れを気にしなくても良さそうです。

今までモバイルバッテリーを活用できていなかった方,今回紹介したモバイルバッテリーならしっかりと活用できると思います。

ぜひ試してみてください。

[モバイルバッテリー] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする