AIFFやWAVが手に入る音楽ダウンロードサイト

スポンサーリンク

ダンサーの皆さんは,日ごろから音楽を聴いていると思いますし,曲を掘ったり,リサーチもかかさないと思います。

またダンサーの場合は,音楽を聴くだけではなく,レッスンで使いますし,曲編集もします。

とくに曲編集をするときなのですが,編集する音源は「非圧縮(AIFFやWAV)」の音源が推奨されています。

たまにMP3のような圧縮音源のまま編集したり,ひどいものだと,YouTubeから違法ダウンロードした音質がかなり低い音源で編集している人もいますが,曲編集の基本としては,元の音源は非圧縮が推奨なのです。

なので,私は基本的にはCDを購入して曲を手に入れます。コストはかかりますが,CD音源は非圧縮ですので,曲編集の条件としては良いです。

その次に「非圧縮音源がダウンロード購入できる音楽ダウンロードサイト」を利用します。これについては後で書きます。

そこまで探してなければ,AmazonでMP3をダウンロード購入します。と,自分的な優先順位があったりします。
(iTunesはほとんど使わない。ライセンス関係がややこしそう)

で,今回ピックアップしたいのは「非圧縮音源がダウンロード購入できる音楽ダウンロードサイト」についてです。

今回は2つのサイトを紹介します。

これはDJさんから教えてもらいました。DJさんも大音量で音楽をかけるので,音質とかはこだわっているんです。

非圧縮音源は拡張子が「.aiff」か「.wav」です。Macの場合は「.aiff」,Windowsの場合は「.wav」。

AIFFやWAVが手に入る音楽ダウンロードサイト

Beatport

https://www.beatport.com/

アメリカかイギリスのサイトかわからないのですが,ドルでダウンロード購入することができるサイトです。

MP3ファイルの価格が表示されており,それをAIFFかWAVにアップグレードする場合は0.75ドル価格が上乗せされます。

Juno Download

https://www.junodownload.com/

こちらはユーロでダウンロード購入できるので,たぶんヨーロッパのサイトだと思います。

こちらは192kb/sのMP3が1番安く,それ以上はちょっと高くなりますが,全部同じ価格です。320kb/sのMP3とAIFFとWAVが同じ価格で購入できます(曲によって違うかも)。

購入方法

どちらも海外のサイトなので,クレジットカードが必須となります。クレジットカードで直接買うか,PayPalでもいけます。

請求されるときに,その時のレートで日本円に換算されて請求される仕組みです。

まとめ

MP3のような圧縮音源は携帯プレイヤーなどで個人的に聴く分にはとても使いやすい形式です。

しかし,人に披露するレベルの音源を作ろうと思うと,やはりAIFFやWAVのような非圧縮音源を手に入れて,編集したり,DJプレイしたりするのはやはり「人をもてなす側」の態度としては必須だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする