健康

うちの3歳の子供が弱視だと発覚

子供が3歳になると「3歳児健診」というのがあるのですが,そこでうちの一人娘が弱視だということが発覚しました。

3歳児健診 視力検査

3歳になると自治体から「3歳児健診受けましょう」みたいな書類が送られてきます。

その中に「視力検査」を自分でできるセットみたいなものが入ってるんですね。とりあえずそれを事前にやっておいてくださいみたいな感じです。

で,妻にやってもらったのですが,どうも左目が見えてないっぽかったんです。

 

4種類くらいの絵があって,それを3メートル離れて,片目を隠して言い当てるというものなのですが,右目は全問正解で,左目は全問不正解だったんですよ。

1,2問の間違えだったらそこまで疑わなかったかもしれませんが,さすがに明らかに見えてなさそうですよね。

で,3歳児健診にいったら,案の定「弱視だと思います」と診断されました。

弱視の治療

うちは真面目に3歳児健診に行って,発覚がかなり早かったようで「治療をすれば割と早い段階で改善すると思います」と言われました。

(3歳児健診にいかないご家庭もけっこういるみたいですね。絶対行った方が良いですよ〜)

 

で,その治療方法が「眼鏡+アイパッチ」のコンボで生活するということでした。

見えている目(右目)をアイパッチで塞ぎ,眼鏡をかけ,見えてない目(左目)だけで見る訓練をしていくということだそうです。

 

1日中そういう生活ではなく,1日のうち,4時間くらい?のトレーニングという感じらしく「幼稚園の間だけ眼鏡とアイパッチで生活しているとちょうど良いですね」と言われました。

弱視の眼鏡

ということで,まずは眼鏡を作らないといけません。

眼鏡は眼科で指示書を作成してもらって,眼鏡屋さんに渡して作ってもらうという流れです。

 

これについてはまた別記事で詳しく書きますが,弱視の眼鏡って高いイメージがありますが,安いところでも全然問題ないそうです。

うちは「JINS」で2本1万円で作ってもらいました。

まとめ

うちは発覚が早かったので,今から治療を始めれば改善する可能性が高いそうです。

しかし,小学生くらいまで放っておくと,おそらく改善しないということでした。

 

ということで3歳児健診には行くことを強くおすすめいたします。

とくに片目の弱視は日常生活では全くわかりません。視力検査をして初めて分かることです。

 

[弱視] ブログ村キーワード